産業医サービス

公益財団法人パブリックヘルスリサーチセンターの産業医サービスにご協力をいただいている経験豊富な産業医が、貴社事業所へ定期的にお伺いし、産業医活動をさせていただきます。

最近の労働衛生活動の状況

近年、企業をとりまく労働環境は大きく変化し、
過大なストレスによって健康を害する労働者が増加しています。

また、長時間残業や過労死などが報道で大きく取上げられるようになり、
企業の根幹をゆるがす事態にもなっています。

事業者のリスクマネジメント、コンプライアンスなどの観点からも
産業医の役割がより増しています。

産業医が行う主な業務

  • ● 職場巡視
  • ● 安全衛生委員会への出席
  • ● 過重労働対策(面談、意見書作成など)
  • ● 健康診断の事後措置(有所見者の就労判定、面談、意見書作成など)
  • ● メンタルヘルス面談
  • ● 健康相談

パブリックヘルスリサーチセンターの産業医サービス

全国規模で多様な業界の会社・事業所様にご利用いただいております。

・不動産業
従業員約12,000名 (本社統括産業医と全国100以上の嘱託産業医)
・通信業
従業員約10,000名 (本社統括産業医と全国30以上の嘱託産業医)
・流通業
従業員約300名
・IT関連企業
従業員約500名

・その他、多数の企業・事業所

こんなお客様にお勧めです。

  • ● 急遽、産業医を選任することになった
  • ● 健診事後の面談をきちんと行っていきたい
  • ● 全国に事業所があるが、個々に契約しているので一括で全国契約したい
費用について

[目安] 1事業所:月間10万円(税別)※月1回2時間の巡視活動料含む

事業所規模、貴社のご要望等によっても異なってまいります。
お気軽にご相談ください。