環境方針

趣意

公益財団法人パブリックヘルスリサーチセンター附属健康増進センターは、広く公衆衛生に関する取り組みや人々の健康に関する調査・研究ならびに健康づくり事業を通じて、企業で働く皆様あるいは、地域住民の皆様の健康保持・増進にお役に立つサービスを展開しております。これまで、巡回方式や施設での実施など、心身に関わる変化の把握、疾病の早期発見・対応を主目的に環境全体に有益となる、健康診断、健康指導事業を実施してまいりましたが、常にサービスの充実に取り組み、お一人おひとりの健康維持と生活の質的向上に向けて健康増進サービスを推進いたします。

行動指針

事業活動の推進にあたっては、「健康」と「環境」の関わりを強く認識し、ISO14001に遵守した環境マネジメントシステムを運用して事業活動を行うことが重要であると考えます。従って、私たちの活動は、「資源とエネルギーの有効活用(省資源・省エネルギー)」、「環境衛生の保全(省廃棄物:発生量の低減)」、「社会環境の健全化」などの、より良い地球環境づくりを事業活動の方針として、日頃の業務遂行においては正確性の向上、無駄の排除、効率的・効果的な運用の徹底を図ります。

運営管理

行動方針に基づき、次のことを約束します。

認証範囲

「健康保持増進事業とウエルネスサービスの提供実施:巡回健診及び施設健診並びに保健指導事業の企画及び実施」

以上、全構成員は一丸となって、環境づくりに貢献いたします。

環境方針 改定 2017年11月1日
公益財団法人 パブリックヘルスリサーチセンター
附属 健康増進センター
統括環境管理責任者  星野 宙

Copyright © Public Health Research Foundation. All Right Reserved.