ホーム > 先端生命医科学研究所 > 啓発・教育研修事業

啓発・教育研修事業

第7回市民講座「赤ちゃんからお母さんと社会へのメッセージ」

先端生命医科学研究所では、先端医学に関する知見を市民の方々と共有し、また母子の健康に関する様々な問題について考えて頂く機会を提供するため、神戸、東京にて「赤ちゃんからお母さんと社会へのメッセージ」として、無料の市民講座を2008 年より開講しております。
本年度は、「子どもの先天性難病」をテーマに専門家が広く一般の方々に分かりやすくお話しします。

開講日時 2018年2月4日(日)  13:00~16:40 (地図・チラシ)
講演内容 講演1「未診断疾患イニシアチブ(IRUD)について」
小崎健次郎(慶應義塾大学医学部臨床遺伝学センター)
講演2「免疫不全症に対する新生児マススクリーニング」
今井耕輔(東京医科歯科大学小児周産期地域医療学講座)
講演3「子どもの神経難病(あるいは遺伝病)への取り組み」
齋藤加代子(東京女子医科大学附属遺伝子医療センター)
パネルディスカッション
司会:古川洋一(東京大学医科学研究所、PHRF理事)
会  場 早稲田大学 小野記念講堂
(東京メトロ東西線「早稲田駅」徒歩5分)
お問い合わせ


これまでに開催された市民講座

神戸にて開催された市民講座の内容はこちらでご確認ください。
2013年度の市民講座の内容はこちらでご確認ください。
2014年度の市民講座の内容はこちらでご確認ください。
2015年度の市民講座の内容はこちらでご確認ください。
2016年度の市民講座の内容はこちらでご確認ください。

先端生命医科学研究所

ページトップにもどる
公益財団法人パブリックヘルスリサーチセンター 〒169-0051 東京都新宿区西早稲田1-1-7
プライバシーマーク 14200014(01)