ホーム > ストレス科学研究所 > こころの健康相談事業/ストレスチェック

健康相談事業

2.運動でストレスを効果的に解消する

健康が損なわれると、心の持ち方も健全でなくなり、ストレスにも弱くなります。

ストレスがたまったときのリラクセーションのために、また、柔軟な心と体を養うために、自分に合った運動を行ってください。

運動をすることで、気分転換になり、体の緊張をほぐすことができます。身体感覚を呼び戻して、体の変調に対する気づきを高める働きもあります。また、日常生活の中で抑圧している攻撃性を発散することもできます。

積極的に体力づくりをすることは、自分を大切にし、自己評価を高めることにもつながります。

善玉コレステロールが増えて、高血圧、動脈硬化、がんなどの予防にもなります。

運動になじめない人は、簡単な体操やダンス、軽いジョギングやなわとびでもよいでしょう。

運動でストレスを効果的に解消する

ストレス科学研究所

ページトップにもどる
公益財団法人パブリックヘルスリサーチセンター 〒169-0051 東京都新宿区西早稲田1-1-7
プライバシーマーク 14200014(01)