ホーム > ストレス科学研究所 > こころの健康相談事業/ストレスチェック

健康相談事業

5.ストレス解消のための睡眠

海外の実験でこんなものがあります。

睡眠時間が4時間くらいの人は、満腹中枢に働くレプチンという脂肪細胞から分泌される物質の分泌が少なくなり、空腹感を強くするグレリンという胃壁細胞から分泌される物質の分泌が多くなります。

そのため、睡眠不足の人は空腹を感じやすく、食事をしても満腹感を感じにくいためについ食べ過ぎてしまうのです。

また、睡眠時間が少ないと、うどん・そば・パンなどの炭水化物や菓子などの甘味への欲求が特に強くなることもわかっています。

実際に、睡眠時間別の体重では、適度の睡眠時間とされる7~8時間の人に比べて、それよりも少なくても多くても体重が増える傾向がみられます(下グラフ)。

ストレス解消のための睡眠1

ストレス解消のための睡眠2

ストレス解消のための睡眠3

また、睡眠時間が短すぎても長すぎても、死亡率が上昇することが分かっています。
ストレス解消のための睡眠4

睡眠不足はストレスの大きな原因でもあります。肥満や生活習慣病を予防するには、適度の睡眠時間を取って、上手にストレス対処することが大切です。

ストレス科学研究所

ページトップにもどる
公益財団法人パブリックヘルスリサーチセンター 〒169-0051 東京都新宿区西早稲田1-1-7
プライバシーマーク 14200014(01)