ホーム > ストレス科学研究所 > こころの健康相談事業/ストレスチェック

健康相談事業

1.セルフケアとは

現代はストレス社会と言われています。ストレス状態では、メンタルヘルス(心の健康)を保つことが難しくなります。 しかし、ストレスをなくすことはできません。ストレスと上手につきあって、快適に生活するためのセルフケアの方法を身につけましょう。

私たちは、日常をより元気に活き活きと過ごすために、あるいはストレスに負けないように、日頃から自分で自分の心身を整えていくことが必要です。

また心や体の不調を治そうとする場合、これまでは、治療者に治してもらうという考えでした。しかし、現在は治療に自分が主体的に関わり治療法を選択し自分が積極的に治療にかかわることが重要であると考えられています。

従って、現代は、より快適に生活するために、予防も含めて自分の心身のケアは自分が主体的にケアする「セルフケア」が注目されるようになりました。

日頃から、ストレスにならないように心がけているけれど、「ちょっとストレス状態かな」と思ったら、もう少し積極的に自分をケアしましょう。

セルフケアの技法はいろいろありますが、ここでは7つをご紹介します。

ストレス科学研究所

ページトップにもどる
公益財団法人パブリックヘルスリサーチセンター 〒169-0051 東京都新宿区西早稲田1-1-7
プライバシーマーク 14200014(01)